FC2ブログ

警官と偽りわいせつ容疑、43歳男を逮捕

警察官と偽り小6女児に声をかけ、わいせつな行為などをしたなどとして、兵庫県警が、同県の無職の男(43)を、強制わいせつや児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)などの容疑で逮捕していたことが27日、わかった。容疑を認めているという。

捜査関係者によると、8月下旬、同県尼崎市内の路上で、女児に「警察の者です」とうそを言い、公園のトイレでわいせつな行為をし、カメラ付き携帯電話で女児を撮影したとして、先月30日、神戸地検尼崎支部に起訴された。

読売新聞 12月27日

集団強姦致傷など容疑で男2人を逮捕  滋賀

甲賀市内で帰宅途中の女子高生に乱暴したとして、甲賀署などは23日、住所不定の無職の容疑者と警備員の討議車の両容疑者を集団強姦致傷やわいせつ略取などの容疑で逮捕した。同市や近江八幡市内で被害届が数件あり、関連を調べている。
逮捕容疑は先月下旬の深夜、甲賀市内の路上を歩いて帰宅途中の高校3年の女子生徒を乗用車に押し込んで連れ去り、市内で婦女暴行して足などにけがをさせたとされる。

毎日新聞 12月24日

警備会社員、コインパーキングの売り上げ盗む 駐車場経営会社が警備会社提訴

コインパーキングの管理を委託していた警備会社の社員が合鍵を使って自動精算機から売上金を盗んだのは、鍵の管理に重大な過失があったからだとして、駐車場経営会社(さいたま市)が16日、警備委託先のセントラル警備保障(東京都新宿区)と、元同社社員に1540万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。

訴状によると、被告は7月から10月にかけて、7回にわたり、さいたま市大宮区の駐車場の自動精算機から計約20万円を盗んだ。この際、駐車場の警備などのためにセントラル警備保障埼玉支社に預けている予備保管用の鍵を持ち出していたという。加藤被告は10月12日、窃盗未遂容疑で大宮署に現行犯逮捕された。

管理会社側は「警備保障業界全体に対する不信感を引き起こす事態」と主張。セントラル警備保障は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。


2010.11.16 MSN産経ニュース
最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ