FC2ブログ

死亡の元警備会社員書類送検

富山市堀川町のショッピングセンター「マイプラザ」富山南店駐車場で昨年11月、現金輸送車から多額の現金が盗まれた事件で、県警捜査1課などは15日、現金を輸送していた警備会社「ホクタテ」(富山市)の元社員で2月上旬に死亡した同市、無職の男(46)を、被疑者死亡のまま窃盗の疑いで富山地検に書類送検した。関係者によると、男は自殺したとみられる。県警は、現場付近の防犯カメラの映像や、近親者に話していたことなどから、男が関与したと判断した。県警は、男の死亡前に身辺を調べていたが、聴取はしていなかったという。

発表によると、男は昨年11月10日午前9時頃~午前9時50分頃、同店の2階駐車場で現金輸送車から現金2750万円を盗んだ疑い。男が死亡した翌日に、県警が実家を捜索したところ、仏間から金属製の容器に入った2600万円を超える現金が見つかったという。現場付近の防犯カメラには男や、男の運転する車が映っていた。県警は15日の記者会見で、男が死亡した経緯を明らかにしなかった。

ホクタテの社長は同日夕、同社で記者会見し、「元社員が被疑者となり、誠に遺憾。社としての管理も不十分だった」と謝罪。再発防止策として、全車両をオートロックに切り替えるなどとした。

男については在職中、現金輸送の直接の担当者ではなく、昨年秋頃、退職したと説明した。しかし、事件が起きた昨年11月10日時点で男が在職中だったか否かを、「遺族感情もあり、本人の特定に至る質問には答えられない」と明らかにしなかった。

2011年3月16日 読売新聞

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ