FC2ブログ

ラーメン店員殺害 19歳少年を逆送 京都家裁

京都市北区のワンルームマンションで住人のラーメン店店員(25)が殺害された事件で、京都家裁は19日、第2回審判を開き、強盗殺人と窃盗の非行事実で送致された住居不定、無職の少年(19)について、検察官送致(逆送)することを決めた。強盗殺人罪は裁判員裁判の対象で、京都地検が起訴すれば、少年は成人と同様に公開の法廷で刑事裁判を受ける。

決定理由で裁判長は少年が経済的、精神的に追い詰められていたとして「金品を強取する目的で殺害した」と認定。「強固な殺意に基づく凶悪な態様」と指摘した。そのうえで、「刑事処分以外の措置が相当とはいえない」とした。

産経新聞 2013年12月20日

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ