FC2ブログ

避難区域で女性用下着など窃盗容疑 逮捕の男「100件以上」

富岡、楢葉両町など避難区域の民家で盗みを繰り返したとして、双葉署は12日までに、県警捜査3課と機動捜査隊の応援を受け、盗みと邸宅侵入の疑いで建築作業員の容疑者(34)を逮捕した。地検いわき支部は同日までに、容疑者を常習累犯窃盗の罪で起訴した。容疑者は容疑を認めていて「避難区域で100件以上の盗みを繰り返した」と供述しているといい、同署が裏付け捜査を進めている。
逮捕容疑は4月ごろ、避難指示解除準備区域の富岡町のアパートから女性用下着など34点(1万9000円相当)を盗むなどした疑い。

同署は12日までに、容疑者の自宅から貴金属やバッグ、女性用下着など約3000点を押収した。同署によると、容疑者はガラスをハンマーで割るなどして民家に侵入、盗みを繰り返していた。富岡、楢葉両町のほか、広野町などでも盗みをしたとも供述しているという。

福島民友新聞 2014年6月13日

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ