FC2ブログ

月々の警備料不要、簡単設置、一人暮らし用安否確認システム

月々の警備料、管理費無し!
通報の際に1回10円程度の電話料がかかるだけです。
工事も不要。ご自分で簡単に設置できます。
一人暮らしの方や高齢者のご自宅に。


トイレのドアに無線式安否確認センサーを取り付けます。
安否確認センサー
扉の動きを確認します。無線発信器内蔵電池式。
両面テープで簡単に設置できます。

ドアが空くと電波で警報機本体に自動的に信号を送ります。
24時間に1回もドアの開閉信号が送られてこなかった場合には、
電話通報器に登録された携帯電話などに、自動的に音声アナウンスを流します。アナウンスの後、電話をかけ直して安否の確認をすることができます。


安否確認システム本体
警報機本体
24時間に1回もドアの開閉信号が送られてこなかった場合に警報を作動します。
安否確認センサーからの無線到達距離は15m~20mです。



自動電話通報機
異常検知の際、3箇所まで自動電話通報します。
携帯電話、固定電話などへ通報可能。



-システムの運用イメージ-

本システムは、異常事態が発生すると、お客様のご自宅の固定電話回線を一時的に使用して、 自動電話通報機の登録された電話番号へ自動で電話をかけ、異常を告げるアナウンスを流すシステムです。
1回アナウンスを流す度に10円程度の電話料がかかる運用となります。
電話料は固定電話へ自動通報する場合です。携帯電話機へ通報する場合は電話会社に料金をご確認ください。
機器は初期費用のみの買い取り商品となっております。


一人暮らし用安否確認システムのアピールポイント-

月々の警備料、管理費用の要らない自主機械警備システムです。
警備会社による管理費用など経費節減に。


ご自分で簡単に設置できる本格派ワイヤレスシステムです。
取り付け工事は原則必要ありません。ご引越の際の移設も簡単です。

センサー類は両面テープや小型ネジで設置しますので、建物に大きな傷をつけません。賃貸物件にもおすすめのシステムです。
センサー類は無線式、電池駆動。後日、簡単にセンサー類を追加できます。
日本国内の工場で開発、組立が行われています。点検修理なども早く対応できます。


追加オプションで無線式非常ボタンをシステムに組み込むことができます。

ネックレス型無線式非常ボタン


ブローチ型無線式非常ボタン


一人暮らし安否確認システムの詳細はこちらをご覧ください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ