FC2ブログ

接点入力型無線式遠隔通報システム(特定小電力無線送受信機)


1
特定小電力無線送信機

離れた場所にある警報機の移報信号を無線で知らせます。
機器の異常信号を検知すると、無線(定小電力無線)で離れた管理者へ通報します。

防災、防犯、労働災害防止対策の緊急警報装置としてブザーやパトライトを作動。
電話回線の無い施設でのセキュリティ対策に。

送信機~受信機までは無線信号でやりとりしますので自由にエリアを設定できます。
送信機~受信機-見通し100~300mまで送信可能です。
間に中継器を配置して通信距離を延長することも可能です。



監視物件側に既設の各種警報機の無電圧リレー接点に送信機Tr1を接続します。
接点信号を感知した送信機Trは、受信機Reへ無線で自動通報します。
最大見通し300m先まで通報が可能です。

1
送信機Tr
各種の既設警報機からの無電圧a接点入力により送信機が作動し無線で自動通報します。
電源:AC100V仕様
太陽電池駆動方式に改造する事もできます。


1
受信機Re
送信機Trからの電波を受信して、 無電圧a接点出力を作動させます。
パトライト、回転灯などを接続して作動させることができます。
1

電源:AC100V仕様
太陽電池駆動方式に改造する事もできます。

1
受信機をソーラー電源方式にした納品例。


1
持ち運びの簡単な受信機の納品例。
取っ手付きです。
電源はAC100V。


点入力型無線式遠隔通報システム(特定小電力無線送受信機)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カテゴリ
フリーエリア2
労働災害防止
リンク
フリーエリア
おすすめ